【ハワイ旅行の服装】少ない荷物でドレスコード対応もできる「着まわしコーデ」をご紹介します

こんにちは、はるこです🌸

私にとって旅行の一番の醍醐味は、現地でのお買い物です。

そこで、ハネムーンでハワイに行く際には『現地でたくさんお買い物をできるように、なるべく日本から持っていく荷物を減らす!』をモットーに、最小限の荷物づくり を心掛けていました。

持ち物についてはこちらの記事もご参照ください⏬
ハワイ旅行【荷物を減らすためのコツ】と【必須持ち物リスト】

ここで、旅行の荷物の大半を占めてくるのが衣服です。

ドレスコードや気候の変化にも十分に対応できるように備えたいところですが、できる限り着回しできるアイテムを持って行って、荷物のかさを減らしたいところでもあります。

そこで今回は、ハワイ旅行におすすめのコーディネートについて、ドレスコードについても触れながらご紹介していきます。

【ハワイ旅行の服装】基本はTシャツでOK!冷え防止に薄手のカーディガンかパーカーは必須

常夏のリゾート地と呼ばれるハワイですが、時期によって若干の気温変動はあります。

私たちが訪れたのは11月で、平均気温は24~25℃・最低気温は約20℃・最高気温は約28℃ という最も過ごしやすい時期でした。

日中は半袖・短パンなどの薄着で十分快適に過ごせるけれど、夜になったり冷えた室内に入ったりすると薄手のカーディガンやパーカーがあったほうが安心です。

カーディガンやパーカーは、使わない時には肩にかけたり腰に巻いたり、ラフに着こなしている方が多かったです。

日本人にはオフショルダーやスカートなど気合いの入った可愛いコーデの人が多かった印象ですが、外人さんは(特に日中は)Tシャツ・デニム・ビーサン姿の方が多かった気がします。

外人さんって、シンプルな格好でもよく似合っていて絵になりますよね。

いつか私もTシャツとジーンズをさらっと着こなせる女性になりたいものです。

【ハワイ旅行の靴】街歩きには ビーチサンダル or サンダル、ディナーには 綺麗めサンダル or パンプス

コーディネートの中で一番迷ったのは、靴です。

  • 荷物を減らすためにできれば1足だけしか持っていきたくない
  • 街歩きには歩きやすいぺたんこシューズやサンダルが良いけれど、ドレスコードのあるレストランにも行くのでヒールのあるシューズも必要?

と悩み、「ハワイ、女性、ドレスコード、靴」と調べまくりました。

そこで分かったのは、ドレスコードのあるレストランでも、よほどラフなサンダル・ビーサンでなければ必ずしもヒールのパンプスじゃなくても大丈夫 とのことです。

ミュールとかフラットシューズでもきれいめなものだったら全然アリとのことなので、
街歩きもディナー用も一緒にして、ぺたんこパンプス1足で行くことに 決めました!

私は現地で可愛いビーチサンダルをゲットしたかったので、持っていくのはこれだけで十分でした。

ちなみに、男性はディナーでは革靴着用がベスト とのこと。

あまりにラフなサンダルなどでは入店を断られてしまうこともあるそうです。

ということで、夫は革のスニーカーを履いていき、私と同じく現地でビーサンを調達していましたよ。

私たちが実際に履いていった靴がこちらです。

ブリジットバーキン』のパンプスは、ぺたんこで足が全く疲れないのにキレイ系な服装にもラフな服装にも対応できるのでお気に入りです。

【ドレスコードがある場合の服装】きれいめワンピース or アロハシャツが楽ちん可愛い♥

私たちが行く予定のレストランのうち、ドレスコードが指定されていたのは、

  • オーキッズ
  • ミッシェルズ
  • ハウツリーラナイ
  • ディナークルーズ

でした。

ドレスコードと聞いて、男性はスーツで女性はドレスワンピース!?って最初は構えてしまいましたが、ハワイのドレスコードはもっとラフでカジュアルなもの でした。

結果、私はレースのワンピースにぺたんこパンプス、夫は現地購入のアロハシャツにチノパン・革スニーカーで行くことに。

レストランのドレスコードに合った服装で行かないとあまりいい席に案内されない!?
…なんて噂も耳にしたので少しドキドキしながら行ったのですが、どこも窓際の素晴らしい席に案内してもらえたので、特に問題はなかったのだと思います。

店内には、私たちよりももっとラフな服装の方もいれば、しっかりドレスアップしてきている方(主に日本人だったかな…)もいました。

現地の方々の様子を見ていると、想像していたよりはさらにゆるい感じだったかなと思います。

着替えの荷物を最小限にするためには、着まわし力の高い服を!

私は荷物をとにかく減らしたかったので、着まわしができる洋服であること を基準に洋服を選抜しました。

また、

  • シワになりにくいプリーツスカートやデニムを駆使
  • 全部屋に自動洗濯機・乾燥機がついているリッツカールトン をホテルに選んだ

ということもあり、着替えの荷物を大幅に減らすことに成功!

旅行先では毎日違う洋服を着たい!という方でなければ、小物やコーディネートを変えるだけで印象がぐっと変わるので、持っていくアイテムを思い切って減らしてしまうのもありです。

または、ホテルのクリーニングサービスを使うのも一つの手ですね。

ちなみに夫は、アロハシャツ1着を毎日洗って毎日着ていました。

せっかくのハワイだから!と私もそれに釣られ、気付けば2人ともアロハシャツばかり着ていたような気がします🌺笑

アロハシャツはどんなボトムスにも合うし、カラフルで可愛いのでおすすめです❤

【写真あり】実際にハワイ旅行で着た洋服のコーディネートを紹介します

それでは、実際に私がハワイで着た洋服のコーディネートについてご紹介したいと思います。

5泊7日で使ったアイテムは以下のものだけです。
(厳選の成果もあり、アイテム数はかなり少なめです。)

 トップス

【STRAWBERRY-FIELDS】
レースワンピース

【JILL STUART】
レーストップス

【POLO RALPH LAUREN】
Tシャツ
パーカー

【ハワイ土産】
アロハシャツ

 ボトムス

【CHILD WOMAN】
デニム ショートパンツ

【組曲】
プリーツスカート

 

 小物

【COACH】
サングラス

【aquagirl】
麦わら帽子

【kate spade new york】
ショルダーバッグ

【FURLA】
(現地購入)パイパー ハンドバッグ

 

 シューズ

【Bridget Birkin】
パンプス

【ROXY】
(現地購入)ビーチサンダル

【ドレスコード対応】きれいめコーデ①

【ドレスコード対応】きれいめコーデ②

街歩きコーデ①

街歩きコーデ②

ビーチ コーデ①

街歩きコーデ③

【ドレスコード対応】きれいめ・街歩きコーデ③

おわりに

ハワイは、日本とはまた違ったラフなファッションを楽しめる場所です。

慣れないドレスコードに戸惑うこともあるかもしれませんが、この記事が少しでもご参考になれば嬉しい限りです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました🌸


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。