「DANTON」 のインナーダウンを今年のママコートに決めた!

こんにちは、はるこです🌸

突然ですが、まだ夏の終わりですが、

ダウンコートを買いました!!

…完全に気が早いですね。笑

私が買ったのは、「DANTON(ダントン)」 というブランドのインナーダウンコートです。

出典:Ray BEAMS(レイ ビームス)オンラインショップ

私もまだ着てはいないのですが、世のママたちにおすすめできるアウター だなと思ったので、ここでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 ママのコートは、「Not ウール」で赤ちゃんの肌に優しい素材を選びたい

母になるまでは、素材や機能性については深く考えず、自分が好きなデザインのコートを選んで着ていました。

しかし子どもが生まれてからは、

今まで好んで着ていたウール素材のコートも、赤ちゃんの肌にはチクチクしてしまうかもしれない…

細身のキレイめコートが好きだったけど、赤ちゃんを抱っこしていたら動きにくい or 抱っこひもが着けられない!

と、色々と気になる点が出てきました。

そこで、コートに限らず自分が着る洋服ひとつひとつに対して、

赤ちゃんの肌に優しい素材なのか?

抱っこしながらも動きやすいのか?

という基準を設けて選ぶようになりましたが、昨年の冬はなかなか気に入るアウターに出会えていませんでした。

今年もアウター問題どうしようかなぁ…とモンモン考えていたところで出会ったのが、DANTON(ダントン)のインナーダウンコートです。

DANTON(ダントン)のインナーダウンコートがママにおすすめの理由

フランスのワークウェアメーカーとして1935年に創立した「DANTON」。
ワークウェアやユニフォームなどを手掛け、シンプルで洗練されたデザインでありながらもワークならではの丈夫さも合わせ持つ、人気の老舗ブランドです。

中でも、このインナーダウンコートは 軽い・やわらかい・暖かい と年々人気が高まっているようで、特に人気カラーはどのショップでも品切れが続くとのこと…!

胸元のかわいいロゴや、ボタンにさりげなく入った「DANTON」の文字にテンションがあがります❤

そして、これが驚くほど薄くて軽い !!
ダウンコートは暖かいけれど、どうしてもモコモコしたものを着ている感じがするのが難点でした。
その点、このインナーダウンは着ていることを忘れそうなほど軽くて、腕回りの動きも楽々で感動しました✨

これなら、抱っこをしたり子どもの世話をしながらベビーカーを押したりしても、コート特有の窮屈さを感じなくてすみそうです。

ちなみに、サイズ展開は 34(S)・36(M)・38(L) の3種類です。

出典:Ray BEAMS(レイ ビームス)オンラインショップ

私はこのモデルさんのようにすっきりとコンパクトに着たかったので、158㎝の標準体形で 34 を選びました。

コンパクトなシルエットですが、ほど良いゆとりがあります。
中に薄手のニットやパーカーなどを着てアウターとしても着られそうだし、真冬にはインナーにしても着ぶくれすることがなさそう。

この絶妙なサイズ感がとても気に入りました😍

また、素材はダウン90%・フェザー10%で暖かさ抜群ですが、表地はナイロン100%なので、抱っこした子どもの肌にもチクチクすることがありません。

動きやすく、子どもの肌にも優しい

これがママには嬉しいところですね!

DANTON(ダントン)のインナーダウンコートは何にでも似合う

私が選んだのはシンプルなブラック。
なので、デニムでもきれいめなスカートでも本当に何でも似合います。

ちょっとしたおでかけコーデや公園コーデ、どんなコーデにもさらっと似合ってしまうので、ヘビロテの予感しかありません!

このダウンのおかげで、今から冬が楽しみになってきました。

実際に着用してみた感想は冬に載せたいと思いますので、ぜひお楽しみに✨

最後まで読んでくださり、ありがとうございました🌸


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。